• ホーム
  • プリリジーの副作用とデメリットについて

プリリジーの副作用とデメリットについて

2019年08月08日
考えている男性

PE治療薬のプリリジーには、その名前の通り、男性の早漏を未然に予防する働きがあります。
性行為の少し前のタイミングに服用すれば、1分以下で射精していた男性が、2分から3分以上にわたり、挿入が楽しめる体質になりました。
プリリジーには精液を出すまでの時間間隔を引き延ばす効果があり、体質によって程度に誤差は見られるものの、服用者の多くがコンプレックスの改善に成功しています。
しかし、プリリジーにもED治療薬のように副作用がありますので、事前に分かった上で飲まなければいけません。
副作用として存在しているのが、下痢症状や吐き気、たちくらみ、頭の痛みです。
個人差が大きい部分であり、プリリジーを服用しても全然違和感を覚えない男性がいる一方で、激しい便意に悩まされた人もいます。
基本的にプリリジーの副作用は軽度であり、重く考える必要はありませんが、初めて飲むときは、外出先ではなく、プライベートな場所を選択しましょう。
そうすれば、最悪下痢や吐き気が生じても、自分の部屋なら柔軟な対応が取れます。
そして最後にプリリジーのデメリットですが、継続に服用しなければ射精時間が効率的に延長させられません。
継続的に使う事でプリリジーの効果は高まっていき、勃起を維持出来る時間が3倍、4倍と成長します。
そのため一回使って終わり、では効率的にプリリジーのポテンシャルが引き出せません。
お薬を日常的に服用するためには、当たり前ですがお薬代が求められます。
PE治療薬は役割と成分が特別であり、一箱あたり一万円以上します。
医薬品そのもののデメリットではありませんが、試しに飲むだけでも、なかなかのコストが掛かるため、ちょっと庶民には敷居が高い治療薬かもしれません。