• ホーム
  • プリリジーの臨床試験による効果測定

プリリジーの臨床試験による効果測定

2019年07月20日
多様な薬

プリリジーの臨床試験による効果測定によるとセックスの時に一時的に服用すると改善する確率が3割程度ですが、24週間服用を継続すると7割以上の患者が効果を実感します。
プリリジーの服用をすると射精の時間が長くなりますが、プラセボと比べると1.5倍から2倍程度効果が高まります。
プリリジーはSSRIの副作用を応用して開発された薬なので早漏治療薬として唯一認められた薬です。
早漏には様々な原因がありますが、心因性のものはSSRIが効果的に作用するのでプリリジーを服用すると緊張や不安を緩和して正常なセックスができるようになります。
プリリジーを服用すると射精までの時間を長くすることができますが、健康な人が服用すると射精が長くなるので勃起を維持するのが難しくなるので、医師の指導に従って服用しなければなりません。
またSSRIは長く服用を続けることで効果が高まるので、根本的に改善するためには毎日服用しなければなりませんが、この薬は価格が高いのでジェネリック医薬品で代用することもできるので、医師に相談をしてジェネリック医薬品の処方を受けることもできます。
SSRIは本来はうつ病やパニック障害の治療に利用されている薬なので血中濃度が安定しないと効果が持続しませんが、早漏の場合は一時的に射精時間を長くするだけなので長期間の服用の必要はありません。
プリリジーを24週間以上服用すると不安や緊張を抑制して、さらに射精時間を長くできるので、心因性の早漏を効果的に改善することができます。
また勃起治療薬と同時に服用すると勃起を維持しながら長時間のセックスができるので、健康的な男性が服用する場合もありますが、安全性の高い薬なので飲み合わせなどの問題はありません。